ワクワクメール体験談、大学生の処女とラブホへ

ワクワクメールの処女との体験談

つい先日ですが、ワクワクメールのおかげで男性経験の無い21歳の女子大生と出会うことが出来ました。出会いのきっかけとなったのは彼女のプロフィールと日記です。

そこには大学に通ってはいるものの出会いが無く、他の女の子の様に男の人と上手く接することの出来ない自分に対するコンプレックスがたくさん書かれていました。

それを見た私は早速メッセージを送信。まずはエッチな話題とか振らずに大学生活のことを質問したりしてみました。ちょうどメッセージを送ったのが彼女の暇なタイミングだったみたいで、スグに返信を貰えてそこから色々と話をしました。

そこから数日間のメッセージで聞き出せたのは、彼女が年上に憧れがあることや本当に早く処女を捨てたいと思ってることなどです。

ここまで聞ければ大丈夫だろうと彼女をデートに誘ったのですが、彼女からの返信は「ラブホテルに行ってみたい」という予想を超えたものでした。

前から興味はあったけど、誰かに頼めるものでもなく出会い系で知り合った32歳の私だったら大丈夫かなと思ったらしいです。

私的にはよくわからない話でしたが、チャンスには違いないので、もちろんOKしました。待ち合わせはとある駅の改札を出て少し歩いた所にあるコンビニの駐車場です。

車を停めて待っているとお世辞にもお洒落とは言えないショートカットの女の子がコチラの方へ歩いてきます。

コンビニ駐車場

いつもは出会い系で知り合った女の子とは会う前には写メの交換をしてる私ですが、今回は処女をゲットしてみたいという思いからコチラの写メを送っただけでした。

出会い系で初めて男と会うので、彼女的にも多少怖さがあったんでしょうね。彼女が写メを送るのに抵抗ある感じだったので、処女とヤれるなら容姿には拘らないでいこうと決めたんです。

なので、彼女の姿を見るのはその時が初めて。かなり賭けではあったんですが、実物を見て処女であることは信じれる様になりました。なぜなら男を知っている女の子で、これは無いだろうというくらいの野暮ったさだったんです。

たぶん化粧もしてないんじゃないでしょうか。体系的にはスレンダーですかね。細めの身体ですが胸は大きそうには見えません。

顔はそんなに悪くないんですが、何せ化粧もしてないし色気がない。下手すりゃ、その辺をウロウロしてるJKの方が色気があるかも知れません。きっと大学で勉強頑張ってるんだろうなって感じです。

LINEを送って確認すると彼女が待ち合わせの相手に違いなく、彼女に合図を送り助手席に乗せます。ガッチガチに緊張してるのは見てるだけでわかりますが、車を運転しながら話しをしていると段々と緊張が解けて色々と質問してきました。

仕事のこととかも聞かれましたが、ラブホってよく行くんですか?とかも聞かれました。男と経験がない彼女はラブホも初めてなわけですが、初ラブホが楽しみで仕方ないみたいなんですよね。

その時点でラブホ=セックスを理解してる感じでは無かったです。そうこうしている間に目的のラブホへ到着しました。

ラブホテル

予定では彼女の初体験の場所となるわけですから、そこそこいい感じのホテル選んどきました。各部屋の中にミストサウナと露天風呂があるラブホテルです。部屋選びはもちろん彼女に。

いかにもなラブホじゃなくてスタイリッシュな部屋ばかりで、イメージと違ってたみたいで驚いている様でした。部屋に入ってからはしばらくウロウロと歩き回ります。その間私はソファに腰掛けて様子を眺めてました。

で、チェックが終わって帰ってきた彼女が私のそばを通る瞬間にガバッと抱きしめてみました。当然ではありますが、その時の彼女の驚きっぷりたら無かったですよ。硬直している彼女をベッドの方に押し倒してそのままキス。

チュッチュと何回か繰り返しても彼女は抵抗してきません。驚いていたのかも知れませんが。今度は長くキスをした後で彼女の唇を舐め回して、舌を絡めようとしたんですが中々口を開いてくれません。

でも、抵抗してくるわけじゃなくてされるがままなんですけどね。きっとディープキスの仕方もわかってなかったんだと思います。

その証拠に無理やり舌をねじ込んで彼女の口の中に侵入してからも彼女は顔を背け様としたりしませんでしたし。ただ目をつむって受け入れているだけです。

それでも舌を絡め様と動かしているうちに、彼女も私の舌の動きに合わせる様に少しだけ舌を動かし始めました。こっち側に責めて来たりはしないんですけどね。

きっとファーストキスであったであろう彼女の唇と舌をタップリと味わってから胸に手を伸ばし服の上から揉み揉み。服の上からですが、きっと初めて男に胸を揉まれたはずです。

そんな快感に戸惑っている風の彼女の胸は結構小さめでした。直接触ってやろうと服をまくろうとした時、初めて彼女が抵抗しました。

そして「誰とでもこういうことするんですか?」って聞かれたんです。

本当の答えとしては「はい、そうです」ですが、そんな事を言えるはずもなく「君が可愛いからシたいんだ」と我ながらアホなセリフを言ってみました。

そしたら彼女は恥ずかしそうにして掴んでいた私の手を離してくれました。内心は上手く行き過ぎてびっくりしましたが、チャンスを逃すわけにはいかないので彼女の服をまくりブラを露出させ隙間に手を入れて直接乳首を刺激してあげました。

ビクンとなりながら気持ち良さそうにモジモジしている彼女が何だか可愛く見えて、しばらく刺激し続けてあげると感じ方が段々とエッチな感じになりいよいよ声を出して喘ぎ始めます。

そして乳首を弄ったり舐めたりされて快感に酔いしれている姿を楽しみながら、急に彼女の股間をグッと握る様に触ってみました。ジーパンの上からなので大して気持ちよくないかとも思ったんですが、これも彼女にとって初めての感覚だったんでしょうね。

「ああ!!」と大きな声を聞かせてくれました。

ここまで来た時には彼女ももっと気持ちよくして欲しかったんだと思います。ジーパンを脱がそうとする私に抵抗することもなく、腰を浮かせて素直に脱がされてくれたくらいですから。

パンティの上からでもわかるくらいにジットリと濡れた股間。布の上からクリトリス辺りを触るとビクンビクンと感じてくれます。

下着を脱がしクリをいっぱい触ったり舐めたりしてあげると大きな声で喘ぎ、しばらくすると急に「んん!!」と声を出してのけぞる様になりました。

快感慣れしてなくて耐えることも出来ずにイッてしまった様です。彼女の初イキの瞬間でした。

そのまま終わっても良かったんですが、せっかくだから処女そのものもいただいてしまおうと自分の下半身だけ露出して挿入を試みたんですが、さすがに痛かったみたいで嫌がるので断念しました。

無理にヤッてもしょうがないですしね。ビチョビチョに濡れてるんで挿れれるかなと期待したんですが。でも、仕方がないとは言っても私もスッキリしたいのは間違いありません。

だから、私も裸になり彼女に性器を握らせてシコシコしてもらうことにしました。慣れない手つきで一生懸命動かしてくれますが、まぁ当然下手です。

でも経験の無い女の子に手コキさせてるということ自体が私を興奮させてくれます。調子に乗って今度は乳首舐めを希望。これも一生懸命してくれるましたよ。1つ1つエロいことを教えていくのは本当に楽しかったです。

最初は下手でもスグに上手くなりますし。こうなれば次はもちろんフェラ。手コキや乳首舐めはまぁまぁ気持ち良くなったんですが、フェラはしばらくは歯が当たったりして痛いくらいでした。

でも、唇をすぼめる様にとか教えるとコレも段々と上手になるもんです。彼女は文句も言わず言われた通りしゃぶってくれますしね。性に目覚めたとでも言うんですかね?

性器をしゃぶる行為に没頭してる感じでした。私も徐々に上達する彼女のフェラを楽しみ、最後は口に出させてもらいました。口の中に出された精子に戸惑ってる彼女でしたがゴックンを指示すると頑張って飲み込んでくれました。

飲み込んだ後は、先から精子が垂れている性器を舐めて綺麗にして貰いました。処女の口の中にドピュっと出すのは本当に気持ちよかったです。しかもお掃除フェラまでですから堪りません。

自分の言いなり状態となっている彼女の姿にもすごく興奮してました。その後はミストサウナや温泉に入ってイチャイチャしてから帰りました。

初めての混浴だったりしたはずですが、色々エッチなことしたせいで私の前で裸になるのも抵抗なくなったみたいです。

湯船の中でもおっぱい揉んだり、クリ弄ったりしてまイかせてあげました。

この日はこれで終わりとして駅まで彼女を送ってあげたんですが、別れてから家に帰る間に彼女から届いたLINEには「また今度色々教えて下さい」と書いてありました。

彼女の希望通り、これからもエッチなことをたくさん彼女に教えてあげようと思います。ワクワクメールのおかげで手に入れた処女女子大生。

次はホントの処女もいただいてしまうつもりですが、これから従順でエロい女に育て上げるのが本当に楽しみです。

最新出会える出会い系サイトランキング

登録はバナーをクリックしてください

  1. 管理人イチオシ

    ワクワクメール

    会員数650万人突破!管理人イチオシの優良出会い系サイト

  2. 若い子、ギャルと言えばココ

    ハッピーメール

    会員数累計1300万人を超える言わずと知れた超優良出会い系サイト

  3. 元祖出会える出会い系

    pcmax

    会員数800万人、アクティブユーザーが多く独自のコンテンツをもっている老舗出会い系サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ