pairs(ペアーズ)でマッチング率80%はコミュニティが重要

pairs(ペアーズ)のコミュニティとは

コミュニティ | pairs(ペアーズ)

ペアーズの特徴は「コミュニティ」で出会えることです。コミュニティに参加することで、趣味や興味をアピールすることができます。プロフィールに書かれていないことも、コミュニティを見ればどんな人かわかります。

ペアーズには現在約90,000件以上のコミュニティがあります。これからも、どんどん増えていくと思います。コミュニティは会員が簡単に作ることができるので、既存のコミュニティだけでなく自分で作成することもできます。

コミュニティは「海外旅行好き」「夏までに恋人つくりたい」「スポーツが好き」など幅広いカテゴリがあります。「連絡はマメな人がいい」「本気で結婚相手を探してます」「お家の中ではひっつき虫」など様々なコミュニティがあり理想の相手を探しやすくなっています。

コミュニティは共通の興味があること、趣味を持つ異性と出会いやすいです。共通点があれば、メッセージも盛り上がりますし、会った時も会話が弾みますよね。

コミュニティを上手に使うことで、マッチング率を高くすることができますし、理想の相手を探しやすくなります。

今回の記事では正しいコミュニティの使い方を解説します。

コミュニティはマッチングに効果があるのか

6割がコミュニティがきっかけでマッチング | ペアーズ

※ 引用元pairs

ペアーズの調査によると、男性約84%、女性は約89%が「相手のコミュニティをチェックしている」ようです。

80%以上の人が相手のコミュニティをチェックしているわけです。コミュニティはプロフィールのなかで一番、相手のことがわかるデータです。

コミュニティを見れば相手が「どんなことに興味があって、どういう人が好きなのか」簡単に知ることができるんです。そのためにもコミュニティには入っておく必要がありそうですね。

6割がコミュニティがきっかけでマッチング | ペアーズ

※ 引用元pairs

ペアーズの調査によると、男女ともに約60%の人が「コミュニティがきっかけでマッチングしたことがある」ようです。

異性がプロフィールを見た時、同じコミュニティに参加していたらマッチング率が上がりますし、相手との共通点があると親近感がわきますよね。だからこそ、コミュニティは重要なんです。

どんなコミュニティに入ればいいの

見る

コミュニティの重要性がわかってもらえたと思いますが、実際にどんなコミュニティに入るのが良いのか説明していきますね。

コミュニティのカテゴリは27あります。その中に90,000以上のコミュニティが存在します。どのコミュニティに入れば良いのか疑問ですよね。

女性ならコミュニティに入っていれば理想の異性を探しやすいです。なぜなら男性がプロフィールを見たときに、どういう人かわかるからです。一目でわかるようなプロフィール(コミュニティ)なら相手もわかりやすいですよね。

そしてもう一つは、自分の理想を相手に知ってもらえること。コミュニティには「本気で結婚相手を探しています」のような、どんな出会いを探しているのか。「お互い応援しあえる関係って素敵」のような理想を示すコミュニティもあります。

コミュニティを見ただけで、「理想・どんな出会いを探している」がすぐわかるんです。男性がプロフィールを見た時に、わかりやすいですよね。理想の異性が探しやすくなるわけです。

もちろん男性にもメリットがあります。それはコミュニティからの出会いが増えること。もう一つは共通点があるとマッチングしやすいこと。この2つのメリットがあります。だからこそ、男性にもしっかりコミュニティに入ってほしいんです。

  • 価値観や恋愛観に関するもの
  • 趣味に関するもの
  • 地域に関するもの
  • 理想に関するもの
価値観や恋愛観に関するもの

自分の異性に対する価値観、恋愛観に関するコミュニティに入ると簡単に理想の異性を探すことができます。

「連絡はまめな方がいい」「遠距離恋愛でも大丈夫」「お互い応援しあえる関係って素敵」「ハグ&キスたくさんしたい、されたい」

様々なコミュニティがあるので、自分の理想のコミュニティに入ると相手があなたのプロフィールを見たときに恋愛観・価値観がわかりますよね。

そこからマッチングにつながったという体験談がよくあります。

逆に価値観が合わない人は「いいね」しないので、メッセージしてみたけど合わなかったなんてことを防ぐのにも有効です。

趣味に関するもの

これは説明不要ですね。お互い共通の趣味がある方が会ったときに話しやすい、付き合っても共通の趣味を持てます。結婚しても同じですよね。

趣味に関するコミュニティは絶対に入るべきです。

地域に関するもの

地域に関するコミュニティに入っていると同じ地域の人から「いいね」がもらいやすくなります。出会うなら近い人がいいですよね。ですので地域のコミュニティには入っていた方が近場の出会いが増えます。

オススメしたいコミュニティです。

理想に関するもの

これは女性に特にオススメしたいです。女性はいいねがたくさん来ます。でも、理想に合わない男性からのいいねも多いです。そこで、理想がわかるコミュニティに入っていれば理想に近い男性がいいねをくれるようになります。

「本気で結婚相手を探しています」「恋人同士で飲みに行きたい」「紳士な男性に惹かれる」「安心感のある人がいい」

このようなコミュニティに入っていれば、男性も理想に近い人がいいねしてくれます。女性にはオススメです。

逆に男性の場合は注意が必要で、理想ばかりのコミュニティに入っていると女性からするとメッセージする前から、この人合わなそうと敬遠されてしまいます。男性は理想のコミュニティは多く入らない方が良いです。

コミュニティに何個入れば良いの?

弁護士

pairsが調べたところ、マッチング率80%を超えている会員は、平均20個ものコミュニティに参加しているそうです。

この理由はもちろん、コミュニティに参加することで、あなたの趣味・興味、理想を相手にアピールできること、プラス、コミュニティ内からの出会いが増えるからです。共通点があるとマッチングが成立しやすいんです。

プロフィールの情報だけでは伝えきれない情報をコミュニティで伝えることができます。ペアーズの最大の特徴はコミュニティです。これほどコミュニティが多いアプリはありません。

もしコミュニティがなければ自分で作成することも可能です。自分の理想のコミュニティを作成すれば、相手に共感を得ることもあります。

入りすぎるのもよくありませんが、自分の興味があるコミュニティに20個入っておくとマッチング率は高くなります。コミュニティを上手に活用することがペアーズで上手に出会うための方法です。

まとめ

まとめ

マッチング率を上げたい!!理想の異性が欲しい!!ならコミュニティに入ろう

男性は20個、女性は21個のコミュニティに入ればマッチング率が上がるとのデータがあります。(pairs調べ)

コミュニティはプロフィールを補足してくれます。プロフィール以上にあなたのことを理解させてくれるデータです。コミュニティがプロフィールを完成させてくれます。

pairsには現在90,000ものコミュニティが存在します。理想のコミュニティがなくても作成できるので誰でも理想のコミュニティを作成できます。

最新出会える出会い系サイトランキング

登録はバナーをクリックしてください
  1. 管理人イチオシ

    ワクワクメール
    会員数680万人突破!管理人イチオシの優良出会い系サイト
  2. 若い子、ギャルと言えばココ

    ハッピーメール
    会員数累計1400万人を超える言わずと知れた超優良出会い系サイト
  3. 元祖出会える出会い系

    PCMAX
    会員数900万人、アクティブユーザーが多く独自のコンテンツをもっている老舗出会い系サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ